同じ種類の乳酸菌を摂り続けるのはだめ!?

乳酸菌飲料で腸内環境を整えましょう

乳酸菌飲料をジュースの代わりとして毎日飲んでいる方もいるのではないでしょうか。小さな容器に入っている乳酸菌飲料は、おいしくてついつい飲み過ぎてしまいますが、カロリーを多く摂り過ぎてしまうため、一日に一本程度まで押さえておくとよいでしょう。

さてこの乳酸菌飲料ですが、一体どういったものなのでしょうか?乳酸菌飲料は、大きく二つに分類することができます。

一つ目は、乳製品乳酸菌飲料http://www.laughingwithmrlupus.com/innryou.htmlと呼ばれるものです。これは牛乳の成分から脂肪と水分を除いたもので無脂乳固形分が3%以上含まれており、1ミリリットルあたりに、1千万個以上の乳酸菌か酵母が含まれています。生の菌と殺菌された菌と2種類のものがあります。殺菌された菌なら、腸の中であまり効果がないのではないかと思われますが、ちゃんと善玉菌の餌になるため、お腹の調子を整えてくれる働きがあります。

二つ目は乳酸菌飲料と呼ばれるものです。これは、無脂乳固形分が3%以下で、乳酸菌の数が1ミリグラム100万個以上のものを指します。乳酸菌飲料は毎日飲み続けることによって、整腸作用があります。規則正しく排便があるため、腸の中の悪玉菌を減らしていくことができます。また肌荒れにも効果があります。お腹の中で善玉菌が増えていくことによって、大腸がんなどを予防することも出来ます。ビフィズス菌が活発化されると、大腸にポリープが出来るのを防いでくれます。

腸の中http://www.clubhealthconference.com/tyounaikannkyou.htmlには免疫細胞が存在しています。お腹の中から綺麗になることによって、免疫効果も高まっていきます。そのため感染症にかかりにくくなり、アレルギーの発症も押さえてくれる働きがあるのです。