同じ種類の乳酸菌を摂り続けるのはだめ!?

乳酸菌を食べるとストレスが緩和されます

乳酸菌を摂取するとストレスを緩和させることができます。ストレスを受けると、急にお腹が痛くなってお腹が下りトイレに行きたくなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

学生の方であれば、試験の前日や、試験中に急にトイレに行きたくなってしまうこともあるでしょう。仕事をされているかたであれば、大事な取引の前日やプレゼンがある日に限って、急に下痢になってしまい困った経験はありませんか?

実はストレスを感じると、腸にも大きな影響が出てくるのです。腸が弱っているとこうしたストレスの影響を受けやすくなってしまいます。乳酸菌を毎日摂取していれば、こうしたストレスにも強くなり、ストレスを緩和させてくれる力もついてきます。

緊張したり、ストレスを感じた時にお腹が痛くなるという方は、毎日乳酸菌を摂るようにするとよいでしょう。乳酸菌飲料やヨーグルト、乳酸菌のサプリメントなどを取り入れるとよいでしょう。

乳酸菌を効果的に取り入れるためには、いつ摂った方がよいのでしょうか。その答えは食後です。食後に乳酸菌を取ると、食事中に食べたものと一緒に胃を通過していくことができます。そのため、胃酸に負けずに、乳酸菌が無事に腸に届く確率が増えていくのです。

反対に空腹時に乳酸菌を摂取すると、胃酸に負けて乳酸菌が死滅してしまうのです。そのため、空腹時に乳酸菌を摂るよりも食後に摂った方がよいでしょう。死滅した乳酸菌もお腹の中で善玉菌の餌となるため、無駄がありません。いろいろな種類の乳酸菌http://www.itchstudios.com/psg/main.phpを摂取しましょう。