同じ種類の乳酸菌を摂り続けるのはだめ!?

妊娠中に摂りたい乳酸菌

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのために、いろいろと気を使うでしょう。自身の体調管理はもちろん、食生活も見直す女性が多いです。しかし、妊娠初期はつわりがあったり、中期以降はあまり食べられなくなったりして、赤ちゃんに必要な栄養がきちんと送られているのか不安になるかもしれません。特にお腹が大きくなってくると、血流が悪くなったり運動不足になったりして、体調へも影響します。そんな妊娠期間を無事に乗り切るには、乳酸菌を摂取することがおすすめです。

乳酸菌は、免疫力を上げてくれます。赤ちゃん自身の免疫力を上げることにもつながり、元気な状態で産んであげられます。便秘解消にも役立ちます。どうしても運動不足になりがちなので、便秘になる妊婦さんもたくさんいます。腸内環境を整えれば、排便もスムーズになるでしょう。また、赤ちゃん自身のアレルギーやアトピーの対策としても有効です。

妊婦さんに人気の乳酸菌と言えば、サプリがあります。乳酸菌と複数の酵母を共生発酵させたケフィアや善玉菌の生成を助けるラクトフェリンなどが含まれています。ヒドイ便秘の人にはさらに食物繊維とオリゴ糖の入ったサプリもあります。他にも乳酸菌20億個以上入ったものや、カルシウムをプラスしたものも売られています。また、母乳にも乳酸菌は含まれています。http://www.paramountbicycle.com/bonyuu.html

乳酸菌はたくさんの種類があり、人によって相性も関係してきます。ヨーグルトだけでは自分に合った乳酸菌を摂れているか分からないので、複数種類を含有しているサプリを飲んで、できるだけたくさん摂取してみてください。