同じ種類の乳酸菌を摂り続けるのはだめ!?

乳酸菌でストレス対策になるってほんと?

最近の研究の結果から、腸の元気は心身の健康状態に大きく影響を及ぼすことがわかってきています。腸を元気にする乳酸菌をしっかり摂っている人、お通じがしっかりある人、そのような人は病気になりにくく、しかも心身ともに充実した生活を送っている人の割合が多いのです。

腸内環境http://www.n-suisan.jp/yumetobi/yumemag/people/people_index.htmの整った状態は、栄養の消化や吸収がスムーズです。そのため必要な栄養素をしっかりと体内に吸収することができ、元気な身体を保つことができるのです。肉体が元気でいると、少々のストレスにも耐えることができます。そのため乳酸菌をしっかり取っている人ほどストレスに強く、丈夫で健康な心と身体を維持できるというわけです。腸が健康だと病気の予防や気になる症状の改善、心の安定、そして美肌とあらゆるよいことにつながっていきますから、積極的に乳酸菌を摂っていきたいものです。

ストレス対策として乳酸菌を選ぶ時のポイントのひとつは「SBL88乳酸菌」と乳酸菌株です。この乳酸菌は、ストレスや過労による心の不調からくる睡眠障害の原因である遺伝子の働きを抑止して、睡眠障害を予防するといわれています。

しっかり眠ることは心にも身体にも必要不可欠なことです。疲れたときほどしっかり眠ることができるような乳酸菌をえらぶことをおすすめします。もうひとつストレス対策としておすすめの乳酸菌は「L.ガゼリ菌」です。この乳酸菌は体の免疫機能を強化することで注目を集めているものです。風邪をひきやすい、アレルギーがある、という人は免疫力が弱くなっている証拠です。ストレスは免疫力低下の大きな原因となります。乳酸菌で免疫力向上を目指す人にはおすすめの乳酸菌です。